Welcome to my homepage

東野圭吾が多くあればと思う今日この頃です

最初は蔦屋から購入して、電子書籍を楽しんでいましたがスマホやiPadからも出来る事を知り今ではiPadminiから楽天市場を利用しています。楽天だと無料書籍が豊富に揃っているのでコミックや小説もダウンロードする機会が増えたなっと思って居ます。そんなコミックでも「進撃の巨人」やガンツと言ったポピュラー分野が多い中で私的には、もう少し東野圭吾の小説や村上春樹の小説が最も多く有れば良いのにと付くづく感じますよ。それでもイベントで割引や100円セール何かの時は嬉しかったりしましよ。

クラウド管理が便利

電子書籍で漫画を読むようになりましたが、当初不安に感じていた目の疲れや紙特有の温かみといった事はあまり気になりませんでした。

また何よりも見開きのページをそのまま見れるのが良いです。

長期保存の経年劣化もないので、痛むといった事もなくタブレット端末もどんどん値下げしているので、より電子書籍が身近になっていくと感じます。

端末自体が壊れてもクラウド上で保存されているので、再購入することなく何度も取り寄せられる点が魅力的です。

電子書籍はまだ躊躇してます

Kindleを持っているのでそのうち電子書籍を購入しようと思っていますが、やはり慣れた紙の方が読みやすいんじゃないかなと思ってしまいます。ページをめくりながら読むのに慣れているので、電子書籍だと目が疲れないかなとか集中して読めるのかなとか考えてしまいます。1度サンプルでも試してみようと思いつつ先延ばしになっています。また、本棚に本が並んでいる景色も好きなので、全部が電子書籍になってしまうと少し寂しいなと思います。

電子書籍は体勢自由!

紙の本も好きですが、どうしても紙の本は読む体勢が限られてくる。

例えば、横を向いて寝転がって読もうとすれば紙がグシャッとなる可能性もあるし、寝転がって下を向いて読もうとすれば、肘を立てないと読みにくいし、肘が疲れてくる。

その点電子書籍はどんな体勢でも読めるし、体勢をコロコロ変えるのも容易で疲れるということもまずない。

紙をめくる作業もないから、ほんの些細な手の動きではあるけれど、それがないだけでも楽。

それが魅力のひとつです。

電子書籍の発展に期待!

普及し始めは書籍の数が少なく、中々人気が出ませんでしたが最近はKindle等のタブレットが人気になったおかげで電車の中でも読んでる方を見かけるようになりました。

小説は元々読みやすく、何冊も持ち歩かなくて便利だと感じてましたが漫画はどうしても目が疲れて仕方ない印象だったのが最近はとても読みやすくなって月に2.3冊は購入するようになりました。

新書や文庫を買った時に電子書籍版も廉価でダウンロードできたりしたら更にいいのになと思いつつ電子書籍が更に発展していってほしいです。

dマガジン 会員登録

・http://xn--d-zeuqb7j6d.com/

・dマガジンはドコモユーザーも利用できます!無料お試しはこちらへ!


▲pagetop