Welcome to my homepage
  1. >
  2. 手頃な価格で外国語書籍が読める

手頃な価格で外国語書籍が読める

大学生のころ、論文を書く為にアマゾンで英文の書籍を探していました。ようやく見つけたと思ったら、値段が想像以上に高く驚きました。ハードカバーで5000円以上でしたので、我慢して買おうか悩んでいた際、電子書籍でも購入できる旨が記載されていました。電子書籍の場合、現物よりも値段が大幅に安かったので、即決で電子書籍版を購入しました。実物の本よりも使い勝手は悪いだろうと思っていましたが、キーワード検索がかけられたり、暗い場所でもバックライトで読めるなど、便利な点が多かったです。今ではすっかり、電子書籍ユーザーになっています。

電子書籍のいいところ。

紙媒体の本も好きですが、趣味趣向がもろにわかってしまうものは表立って購入しづらかったりします。

今はネットで本も購入することが出来ますし、人目に付かずに購入することも可能ですが、電子書籍なら買った本が自分以外の目に触れることもなく、手のひらの中で読むことが出来ます。

本そのものの良さは装丁だったりその紙の手触りを実感できること、その重みも良さの1つですが、持ち歩くとなると荷物になってしまうしその外観を崩してしまうこともあります。

その点、電子書籍はスマホやタブレットの中に収まっているので荷物にならないのが良いところだと思います。

電子書籍の感想

タブレットを持っているのでその中にアプリでダウンロードした漫画やライトノベルがたくさん入ってるのでそれも使って本を読んでます。

昔は普通の本で漫画や小説を読んでたけど今は電子書籍じゃないと漫画が読めないぐらい電子書籍にはまってます。

いちいち本屋に行かなくても家の中で購入してすぐに読めるのがとてもいいです、

今タブレットの中にはドラゴンボール全巻ワンピース全巻ナルト全巻ブリーチ全巻その他もろもろ入ってるんですけど、場所をまったくとらないんでその点でもとても重宝しいます。

電子書籍の良いところ、残念なところ

電子書籍の良いところ

・全体的に値段が安くなっています。10冊も買えば、端末の値段分は回収出来ます。

・小さくて持ち運びには便利です。本に比べ多少重いですが、気になるレベルではありません。

残念なところ

・目が本よりも疲れます。やはり電子物なので、本とは違い目の疲れ具合が違います。個人的にはこれが一番辛いです。PCを使っていても同じなので、体質だと思います。

・発売されていない本もあります。詳しく調べてはいないですが、全ての書籍が発売されるわけではないようです。

個人的な感想

目の疲れがなければ、非常に重宝します。電子書籍で発売さらているものは安く購入、されていない物は紙で購入するのが、一番効率的だと思います。


▲pagetop