Welcome to my homepage
  1. >
  2. 便利な電子書籍

便利な電子書籍

以前、無料の電子書籍を少し利用したことがあります。電子書籍は、本を持ち歩かなくても、スマホやタブレットがあれば、どこでも読めますし、種類も豊富なので便利だと思います。趣味だけでなく、仕事で必要で、何冊か参考にしたいときでも助かります。また、本を購入すると、保管場所も取るので、いくつ購入しても場所を取らない電子書籍は確かに魅力的です。お気に入りの本は、普通の書籍を購入して、後は電子書籍などで利用していくのも良いかと思っています。

とにかく持ち歩きに便利な電子書籍

KOBOを保持しています。読書が大好きで、最初は電子書籍に非常に抵抗がありましたが、パソコンやスマートフォンなどのように画面を長時間見つめていても疲れることがなく、非常に使いやすいと思います。特にページ数の多い本は持ち歩くのに大変ですが、電子書籍ならその心配もありません。私の場合主に本を読むのは通勤や待ち合わせの待ち時間などで、外出先のことがほとんどなので、何よりも持ち歩きに便利なのが電子書籍の一番のメリットだと思います。

電子書籍と本の両立

電子書籍がはじまった頃は、紙に勝るものはない、日本人には向かないだろうと思っていました。

しかし、スマートフォンが主流になってきたことや、説明書のマニュアルのpdfが多くなり、とても身近になりました。

電子書籍の一番のよいところは、何といってもスペースを必要とせず、かつ、いつでも読むことができるところです。

ですが、手元に置いておきたい本もあり、それぞれのよさがあるので、両者を使い分けているといったところです。

アナログからデジタルへ

漫画や小説が好きで書籍をよく購入していましたが、ゴミの分別が大変な自治体に引っ越すことをきっかけに、電子書籍を利用するようになりました。本が劣化しない、置き場所に困らない、しおりをはさまなくてもすぐにページに戻れる、どこでも場所を選ばずに隙間時間で読書ができるので、すごく便利になりました。書籍を処分すると読書から離れるかと考えていましたが、結果的には読書量は1.5倍になりました。ふらっと入った書店でも、電子書籍が購入できるようになってほしいです。


▲pagetop